会長あいさつ

会長就任のごあいさつ

 

 岩松要輔前会長が昨年8月21日に79歳で亡くなられて以降、会長が空席のままになっておりました。亡くなる3、4年ほど前から、岩松会長自身で後任候補者を求め続けておられましたが決まらないまま月日が経過し、ついに約2年間の闘病の末に亡くなりました。
 岩松会長が発病されてからは、副会長とともに会長候補者を求めて折衝を進めてまいりましたが、候補者を見いだせないまま新年度を迎えることになりました。

 4月18日(土)の黄城会の会議において、新型コロナウイルス感染症拡大による「黄城会総会の中止(案)」を提案するとともに、評議員会を総会に代わる決議機関として、黄城会会則第9条に基づく「予算の議決及び決算承認」を受けるのみの予定でしたが、理事・監事会に「役員選任(案)」を会長空席のままで提案したところ、理事の中から「事務局長を会長に」と動議が出され、事務局長と兼務の状態で議決されてしまいました。続く評議員会においても理事会の議決どおりの提案がなされ決議された次第です。

 会長に選任されましたものの、会長選任に合わせた副会長、事務局長の選任については提案もできず検討する暇もありませんでしたので、しばらくは現在の陣容で続けることになると考えております。新しい陣容で発足できましたら、改めてお知らせとごあいさつをさせていただきたいと存じます。

 以上、会長選任の顛末を報告して、会長就任のあいさつといたします。

 

     令和2年4月23日

佐賀県立小城高等学校   黄  城  会
会 長  外 尾 美 好(高校20回卒)